新宿で始める一人暮らし!収入別・賃貸マンション選びで頼れる不動産会社ガイド

新宿で一人暮らしを始めたい方向けに、賃貸マンションを扱う不動産会社10社を紹介します。

サイトマップ
メニュー

賃貸契約にかかる初期費用

部屋を新しく借りるにあたって必要となる「初期費用」について、くわしくまとめてみました!

「初期費用」は、賃貸契約時にかかるお金全般!

引越しをして新しい生活を始めるまでには、部屋の家賃以外にもいろいろと必要な費用があることを知ってましたか!?

ここでは、賃貸契約から引越しの初期費用として、家賃以外に加算される主な項目を5つまとめてみました。

敷金

賃貸契約が終了して部屋を退去する際の「原状回復費用」に充てられるのが敷金。家賃1ヶ月分が目安だが、原状回復に使われなかった分は返還されるのが一般的。

礼金

大家さんに対しての“お礼”の意味で支払うのが礼金。目安は家賃1ヶ月分で、敷金のように退去時の返還がないのが特徴。最近は礼金ナシの物件も増えている。

前家賃

意外と盲点なのが前家賃。入居する月の家賃を前払いで支払うもので、目安は家賃1ヶ月分

たとえば2月契約で3月から住み始める場合、3月分の家賃を最初に支払うかたちとなる。さらに月の途中で入居する場合は日割り家賃も発生するのが一般的。

仲介手数料

物件を紹介・案内し、契約手続きを行なってくれた不動産会社に対して支払う費用。目安は家賃の0.5~1ヶ月分(+消費税)

法律で、家賃の1ヶ月分が上限と決められている。

引越し費用

引越し業者に支払う費用。荷物の量や移動距離、シーズンなどによって大きな幅があり、目安としては3~20万円ほど(一人暮らしの場合)。

その他費用

このような5つの費用のほか、家賃保証会社を利用する場合にかかる「保証料」や、「火災保険料」についても確認しておきたいところ。また、「鍵の交換費」がかかるケースもあるので覚えておこう。

賃貸には敷礼0円や仲介手数料サービスの物件もある!

賃貸の中には、「敷金」「礼金」が必要ない場合もあるのでチェックしたいところ。

また、サービスやキャンペーンで不動産会社が仲介手数料を割引してくれるケースもあるので、物件探しの際にはそういったポイントもチェックしながら探すのがおすすめ!

新宿のオトクな賃貸マンションを紹介中の
おすすめ不動産会社を見る